シミを消すと10歳以上若く見られる?!

 

顔のシミは「シミ=老化」のイメージが強いため、実際の年齢より老けて見られていて、調査によると平均で実年齢より13歳老けて見られている傾向にあることが統計上分かっています。エーザイ調べ

 

シミあり、シミなしの比較

 

逆に考えて、顔にシミがあるかどうかで、実年齢よりも若くみえるのなら、シミを消して、マイナス10歳肌を目指したいですよね。

 

では、どうしたらできてしまったシミは消すことができるのでしょうか?

 

シミは消せないと諦めていませんか?

 

シミを消すのを諦めてない?

20代の頃は日焼けしてもまったく出てこなかったシミも、ある日ふと鏡を見たら顔のあちこちにシミが!というショックな経験、皆さん少なからず経験されてるのではないでしょうか…

 

顔のシミは、正しいスキンケアをする事でシミを薄く、目立たなくさせて、肌本来の健康的かつ、透き通るような肌を取り戻すことができます。

 

鏡をみるたびに増えていくシミが見るのが嫌だった方も、シミが薄くなっていくのを実感できたら鏡を見るのも楽しくなるはず。

 

当サイトでご紹介する正しいシミケアで、シミを消して若々しい自分と、肌への自信を取り戻しましょう!

 

人気の医薬品・医薬部外品シミケアランキング

 

シミを予防する美白化粧品は365日使いましょう!

美白化粧品は365日使いましょう!

 

シミは、今まで浴びた紫外線が徐々に蓄積された結果シミとなって表面に現れるので、紫外線の強い季節だけ、美白対策をしてもあまり意味がありません。一年を通して紫外線対策をする事が重要なんですね。美白化粧品はできてしまったシミを消す、というよりはシミを予防する事を目的としているので、常に美白化粧品を使う事をおすすめします。

 

ですが、家事や育児に仕事…と毎日忙しく過ごしている女性は、なかなか自分のスキンケアのための時間が取れないもの。面倒なケアはしたくない、スキンケアにかける時間を増やしたくない。そんな方も多いのではないでしょうか。

 

女性が毎月、スキンケアにかける費用は5,000円以内が50%という統計データを見ても、スキンケア自体に掛けられるお金もできればセーブしていきたいところ。

 

5,000円以内でシミ対策ができるスキンケアを選びたい。美白化粧品の種類が多くて、どれを選んで良いかわからない!という方におすすめしたいのが「医薬部外品」の美白化粧品です。

 

ポイント
医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置し、厚生労働省が有効性を認めた成分を配合した分類のこと。美白化粧品の医薬部外品は、シミを消すのに必須の美白成分がかならず配合されているので、美白化粧品選びに迷ったら、医薬部外品の美白化粧品を選ぶと良いんですね。

 

シミはできてしまうと、消すことはとても大変。シミのもとを作らないよう、美白化粧品でしっかりとシミの予防対策をとりましょう。

顔のシミケアにおすすめランキングTOP3

 

美白有効成分を配合した医薬部外品・美白化粧品ランキング

 

シミ対策の美白化粧品を選ぶ時に重要なのは成分。美白*成分が良くわからない方は「医薬部外品」の美白化粧品を選ぶことをおすすめします。シミケアに人気のおすすめ「医薬部外品」美白美容液をランキング形式でご紹介しますのでぜひご参考にしてみてください。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

 

シミ対策もできる1台10役のオールインワンゲル

 

SIMIUS ホワイトニングリフトケアジェル

お得なキャンペーン実施中!!

期間限定でプレミアムマスクパック3枚+プラスワンキャンペーンを実施中です。今なら薬用美白角質ケアジェル(ミニボトル)をプレゼント!乾燥で固くなってしまった肌に効果的な角質ケアジェルなのでシミウスと合わせてお使いいただくと効果もアップ!このチャンスをお見逃しなく!

内容 SIMIUS ホワイトニングリフトケアジェル 60g

(使用期間:朝晩使用で約2ヶ月)

成分 プラセンタエキス(美白有効成分)グリチルリチン酸ジカリウム(美白有効成分)水溶性コラーゲン(保湿成分)シコンエキス(保湿成分)サクラ葉抽出液(保湿成分)ヒアルロン酸Na(保湿成分)
価格 3,795円(税抜)送料無料
備考 30日間返金保証

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェル 公式サイトはこちら

 

SIMIUS(シミウス)は、美白対策をおこなうだけではなく保湿を始めとするトータルケアができる医薬部外品のオールインワンジェル。これ一つで化粧下地・美白・化粧水・乳液・アイクリーム・保湿・美容液・マッサージ・クリーム・パックの効果を1度で得ることができるので、忙しくてお肌のお手入れに時間を割けない方向けとしてもイチオシ商品と言えるでしょう。

 

医学雑誌にも掲載されたシミ対策により、メラニンの生成を抑制してくれ、シミ予防になるのはもちろんの事、高濃度で配合された薬用美白成分のプラセンタが肌を柔軟にし、保湿をしっかりおこなうのでシミを始めとする肌悩み解決ケアとしてSIMIUS(シミウス)がオススメです。

  • 薬用美白成分プラセンタを高濃度で配合
  • ダブルクリスタル製法の2層ジェルでマッサージしながら美白*ができる
  • 1つで10役!
  • 天然由来のエキスをたっぷり配合

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

 

>>返金保証付き購入はこちらから<<

 

 

シミだけじゃなく乾燥・小じわ・毛穴にも効くスキンケア

 

SIMIUS ホワイトニングリフトケアジェル

内容 SimiTRY (シミトリー) 60g

(使用期間:1ヶ月)

成分 ハイドロキノン誘導体(美白成分)、ビタミンC誘導体(美白有効成分)、アルブチン(美白有効成分)、フラバンジェノール(美容成分)、その他10種類の天然由来保湿エキス
価格 3,685円(税抜)送料無料
備考 全額返金保証(商品お届けから14日間以内)

 

薬用シミトリー 公式サイトはこちら

 

シミの原因の一つの肌の乾燥に着目し、たっぷりと潤いを与えながらシミのケアもするシミトリーは、美肌効果はプラセンタの10倍もあり、シミと同時に乾燥、シワ、毛穴を目立たなくする美白オールインワンジェルです。

 

シミ対策に有効な成分、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体、アルブチン、フラバンジェノールを配合、さらに10種類の天然由来保湿エキスを配合されています。また無添加にもこだわり、肌に負担のかかる成分を使用していないので敏感肌の方にも安心してお使い頂けます。

 

  • 美白成分のハイドロキノン・ビタミンC誘導体を配合
  • シミ対策として医学誌に特集掲載
  • 1つで9役!
  • シミ・シワ・乾燥に効く医薬部外品

 

>>26%OFF で購入はこちらから<<

 

 

深層部に隠れたシミ予備軍まで届く美容液

 

プレミアム ベルエタンセル

内容 プレミアム ベルエタンセル 40g

(使用期間:朝晩使用で約1ヶ月)

成分 トラネキサム酸・アルピニアカツマダイ種子エキス・党参抽出物加水分解エキス(美白有効成分)油溶性天草エキス(美白成分)梅果実エキス(抗糖化成分)グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症作用成分)
価格

初回限定の980円(税込)
※初回のみ10g(10日分)となります。

備考 安心の120日間返金保証付き

 

プレミアム ベルエタンセル 公式サイトはこちら

 

トラネキサム酸、アルピニア カツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解エキスの3種の医薬部外品専用成分を贅沢に配合、悩み続けたシミ・肝斑・クスミに、深層部に隠れたシミ予備軍にまで届く美白美容液。

 

また、メラニンの生成を抑える作用の油溶性天草エキスや、抗糖化・抗炎症作用の成分も配合、お肌トラブルにしっかりと効果を発揮し、低刺激処方にこだわっているので敏感肌の人も安心して使えるのもポイント。

 

  • 3種の医薬部外品専用成分を配合
    • シミ・肝斑・クスミの原因の元にシミ対策成分*を届ける
    • 低刺激処方で無添加
    • 肌への刺激を意識したなめらかで優しい塗り心地
    • 無香料・無着色

    *医薬部外品専用成分なので、その効果ゆえ化粧品には配合が認められていない部外品のみ使用が限られた成分

 

 

美白成分を配合した美白化粧品トライアルセットランキング

 

シミ対策の美白化粧品を選ぶ際に重要なのは「美白成分」自分に合った美白成分配合の美白化粧品を選ぶこと。どの美白*成分が自分に合っているのかわからない方も多いのではないでしょうか。そんな時はトライアルセットからはじめてみましょう。シミ対策におすすめしたい美白化粧品のトライアルセットをランキング形式でご紹介しますのでぜひご参考にしてみてください。
*医薬部外品専用成分なので、その効果ゆえ化粧品には配合が認められていない部外品のみ使用が限られた成分

 

富士フィルムの最新シミ予防!シミの元に届く*1

 

シミの元に届く!FUJIFILMのアスタリフトホワイトトライアルセット

 

セット内容

先行美容液(0.5g×10包)
美白化粧品(18ml) 医薬部外品
美白美容液(5ml) 医薬部外品
美白クリーム(5g) 医薬部外品
UVクリア美容液(化粧下地) SPF50+ PA++++ 
(使用期間:朝晩使用で5日間)

有効成分

アルブチン
ビタミンC誘導体

価格 1,000円(税抜)送料無料
その他 おひとり様1点限り

富士フィルム独自のシミの元に届く*1ナノテクノロジーで美白成分をしっかりとシミの元に届けるアスタリフト・ホワイトの美白*2トライアルキットです。

 

医薬部外品製品のブライトローション(化粧水)・ホワイトエッセンスインフィルと(美白美容液)・ホワイトクリーム(美白クリーム)のアルブチン、またはビタミンC誘導体の美白有効成分がしっかり配合されたアイテム。

 

さらに独自成分のナノAMA+(うるおい成分)や海草エキス、3種のコラーゲン、ヒアルロン酸やアスタキサンチンを配合しており、シミ・ハリ・うるおいの3つを同時にケアできるスキンケアです。

 

化粧水・美容液・美白*2クリームが医薬部外品なので、シミ・くすみを防ぎ、これから出てくるシミの予防*2をする確かな有効成分を配合して、シミを消す労力を最小限にしてくれます。

 

*1 浸透は角層まで *2 メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ

  • 富士フィルム独自の最新技術「ナノテクノロジー」でシミの元に届ける
  • 美白有効成分アルブチン・ビタミンC誘導体を配合
  • 独自のうるおい成分「ナノAMA+」配合
  • 美白・ハリ・うるおいを一度にケアし調子を整える

 

シミを消すためのお試しセット。アスタリフトホワイトの公式サイトはこちら

 

 

5つのステップでシミに働きかけるスキンケア

 

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

セット内容

クレイウォッシュ(15g)
QuSomeローション(20mL)
Cセラム(5mL)
QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

有効成分 QuSomeR化ビタミンC

QuSomeR化ハイドロキノン

価格 1,800円(税抜)送料無料
その他 365日返金保証・代引き手数料無料

b.glenは独自の浸透テクノロジーで美白成分の「ハイドロキノン」を角層の奥まで届けることを可能にした美白化粧品。
シミに直接働きかける、洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームの5つのステップで、シミの悩みを解消。
浸透力は他の化粧品の3〜10倍あるので、少ない量で美白成分のハイドロキノンを角層の奥まで届け、シミケアの高い効果を得られるのが特徴です。
※シミ…「日焼け」による

 

  • 国際特許の浸透テクノロジーを応用
  • 医療レベルの浸透技術を使用
  • 天然素材使用で肌に優しい
  • 365日、いつでも返金保障可能

 

ビーグレンの公式サイトはこちら

 

 

敏感肌の方も安心のシミ対策スキンケア

 

ディセンシア サエル トライアルセット

セット内容

美容美白化粧水(14ml)
薬用美白美容液(8ml)
薬用美白クリーム(9g)
エッセンスインCCクリーム(1回分)

有効成分

ビタミンC誘導体
アルブチン

価格 1,480円(税込)送料無料
その他 手数料無料・30日間返品保証

「サエル トライアルセット」は化粧品メーカーとして有名なオルビスとポーラから販売されている美白化粧品。乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できるよう、肌に優しい素材のみで作られおり、シミ・くすみ・乾燥のない肌へと導いてくれるスキンケアです。
10日間、低価格で使用することができるので、試しに使ってみたい人向けのアイテム。

 

  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌のバリア機能をアップ
  • 天然素材がシミの原因となる肌の炎症・酸化を抑える
  • リピート率は驚異の94%
  • 30日間返品保障

 

サエル公式サイトはこちら

 

 

 

【シミを消したい人は必読】そもそもシミの原因とは?

 

シミができる大きな原因の1つが紫外線

 

肌は紫外線を浴びると、メラノサイト(別名色素形成細胞)という細胞が刺激され、メラニンが作り出されます。基本的にメラニンというものは、紫外線から肌を守ってくれる働きをしてくれます。

 

ですが、紫外線をたくさん浴びるとメラニンの排せつができなくなり、肌の奥に溜まりこれがシミに!

 

紫外線浴びするとシミの原因となります。

 

さらに、目から入ってきた場合の紫外線は、肌で受けた紫外線よりもシミを作り出しやすくなります。

 

シミができる他の要因にストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどがあげられ、ストレスや睡眠不足で生活習慣が乱れてくると肌が老化しやすくなり、シミができやすい肌になります。

 

肌の再生は寝てる間に・・・。

肌を再生する働きの新陳代謝は、夜寝ている間にしか行なわれません。なので夜更かしをすると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、古くなった汚れた角質が肌にくっ付いたままの状態になり、シミやニキビなどの肌荒れの原因に。シミを消すにも、きれいな肌を保つためにも睡眠は大切なのです。

 

その他に、ニキビなどによって肌にできた炎症の跡が消えずにシミとなる場合も。何故かと言うと、ニキビなどで炎症が起きるとメラノサイト(シミの原因)が刺激を受け、大量のメラニンが作り出されて全て排出できなくなり、シミとなって肌に残ってしまうからです。

 

一度できてしまったシミを消す事はとても難しいです。シミができてしまう前に予防対策をする事大切なんですよ。

シミを消したいと思ったら…すべき事とは?

 

シミを消すポイント

 

シミはできてしまう前に予防する事が大切ですが、できてしまったシミも完全に消すことは難しいですが、努力次第で徐々にシミを薄くしていく事は可能です。

 

これから紹介するシミを消すためのポイントを、毎日のスキンケアに意識して取り入れる事でシミ予防にもなり、できてしまったシミのケアにもなります。

 

シミを増やさないためにも、毎日の生活にシミ対策をしっかりと取り入れるようにしましょう。

 

シミを消すためのポイント

美白化粧品は365日使う
美白有効成分配合のスキンケアを選ぶ
美白化粧品選びに迷ったら「医薬部外品」
正しい洗顔方法でシミができにくい肌に
紫外線対策は常に万全に

 

 

美白成分を配合したスキンケアを使う

基礎化粧品のケアでシミを完全に消すのは困難です。基礎化粧品でのスキンケアは洗顔と同じように、少しずつ薄くしていきながらシミを改善していきます。

 

使い始めてすぐにシミが消える、というわけではありませんので長期的に化粧品でケアをする必要があります。基礎化粧品のケアに加えて普段の食事で体の内側からシミのケアをすることによって、シミの改善効果アップしましょう。

 

根気強いケアで気づいたらシミを消すことができた!なんてこともあるかもしれません。できてしまったシミを消したいと思ったら、スキンケアの美白成分を意識するようにしましょう。

 

※美白成分とは「肌を白くするもの」ではなく、シミの元のメラニンの生成を抑える事が美白成分です。

 

厚生労働省が医薬部外品として効果を認めた成分

 

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間にあたるもので、厚生労働省が許可した「効果に有効な成分」が定められた量を配合されています。医薬品のような強い作用ではなく緩やかに作用し、主に予防として使われます。シミの種類によっては、薄くする(消す)効果のある成分もあります。

 

アルブチン

 

コケモモから抽出された成分で、ハイドロキノンとブドウ糖が結びついたもの。チロシナーゼの働きを抑制し、シミを予防する。

 

エラグ酸

 

イチゴやザクロなどに含まれる天然のポリフェノール、チロシナーゼの働きを抑制し、シミを予防する。

 

ルシノール

 

北欧のモミの木の成分を参考に生まれた成分。チロシナーゼの働きを抑制し、シミを予防する。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCを肌に吸収しやすい状態に変えたものでチロシナーゼの働きを抑制し、シミを予防する効果や抗酸化作用や老化現象、ニキビの炎症を抑える効果。

 

プラセンタエキス

 

動物の胎盤から抽出したエキス。チロシナーゼを抑制し、シミを予防する効果や保湿・若返りの効果。

 

カモミラET

 

カモミール(西洋カミツレ)から抽出された成分、エンドセリンの働きを抑制する効果や抗炎症作用の効果。

 

トラネキサム酸

 

メラニン色素の生成にかかわる表皮伝達物質の一つであるプロスタグランジンを抑制。主に肝斑の治療に使われる成分。

 

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)

 

資生堂が開発した美白成分。メラニン色素の生成にかかわる表皮伝達物質の一つであるプロスタグランジンを抑制。

 

リノール酸

 

紅花油・オリーブオイル・グレープシードオイルなどの植物油から抽出された成分。体内では生成する事のできない脂肪酸のため「必須脂肪酸」と呼ばれ、チロシナーゼの量を減らす効果。

 

上記以外にも、コウジ酸・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)・エナジーシングルAMP・マグノリグナン・D-メラノ・ロドデノール・TXCなどの美白成分が医薬部外品に使われています。

 

チロシナーゼとは…メラニン色素が作られる際に働く酵素の事でこのチロシナーゼという酵素を抑制し、シミを防ぐ事ができます。

 

エンドセリン…紫外線が表皮細胞に当たると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。

 

医薬部外品の成分を配合した人気のシミケアのランキングはこちら!

人気の医薬品・医薬部外品シミケアランキング

 

その他のシミに効果のある美白成分

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われており、皮膚科で治療薬としても使用されています。ほかの成分と比べると、約10から100倍の美白効果があります。

 

メラニン色素が作り出されるのを抑えて、できてしまったシミを薄くしていく効果があります。ドラッグストアなどでもハイドロキノン配合の化粧品を購入できます。

 

ですが、ハイドロキノンは刺激があるので赤みができたり、肌が荒れる場合があるので、敏感肌の方は注意して使用するようにしましょう。
シミを消す事を目的に大量に塗る、という行為は危険ですのでご注意ください。

 

油溶性天草エキス(グラブリジン)

 

天草マメ科の植物の漢方薬から抽出した、フラボノイドを主体とした油溶性の植物エキスの成分で、チロシナーゼの抑制効果と消炎効果もあるので肌が弱い人に使いやすい成分です。肝斑などのシミを消す治療に用いられています。

 

シミ予防に効果のあるアイテムを使う

美白成分は配合されていませんが、シミ予防に効果的なアイテムを使ってみるのも一つの方法です。比較的安く購入できるものもあり、コストパフォーマンスの面でもおすすめです。メラニンの生成を抑える効果のあるスキンケアを使う事で、シミの発生を抑えることができます

 

馬油を使う

 

馬油

馬油は血行をよくする効果があるので、新陳代謝を促してくれて肌の再生のサポートをしてくれます。抗酸化作用の効果もあり、メラニン色素の生成も抑え、シミの発生を抑制します。

 

馬油は昔からやけど傷に効くとされており、肌に使用することによって熱を取り除き、炎症を抑える効果があり、この効果によってメラニン色素が作られるのを防止してくれます。

 

馬油の主な特徴は浸透力で、毎日のスキンケアの前に馬油を肌に塗っておくとスキンケア用品の効果を高めてくれます。馬油は薬品ではないので、副作用が起きる心配も必要ありません。

 

シミを消すというよりは、シミを予防する効果が期待できます。

 

パウダーファンデーション

 

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、紫外線から肌を守ってくれる効果があり、肌に塗れば塗るほど紫外線を遮断する効果が強くなり、メラニン色素が作られにくくなるので消すシミがあるにしろ無いにしろ、必ず塗っておいた方が良いでしょう。

 

ファンデーションによってはUVカット効果があるものもありますが、その効果がないものでもきちんと塗ることで、シミが作り出されるのを防いでくれます。
ファンデーション自体にはシミを消す効果はありませんが、パウダーの粉の成分が紫外線を跳ね返すので、日焼け止めと同様の効果が期待できます。

 

あまりにも厚塗りすると厚化粧に見えたり、肌の見た目に違和感が出てきてしまうので、できるだけ自然に見えるように塗るようにしましょう。
現在できてしまって消すと決意したシミの部分に、ファンデーションを少し多めに塗り、指でトントンと馴染ませるとシミを消す(目立たなくする)ことができます。

 

気になるシミを隠すことができ、シミを予防する効果のあるパウダーファンデーションはシミ対策に重宝するアイテムです。

 

豆乳ローション

 

豆乳ローションは、肌の血行を良くし、新陳代謝を促し、メラニン色素の発生を防止してくれます。

 

豆乳ローション

シミはホルモンバランスの乱れでできる場合もあるとされており、女性ホルモンに似ているイソフラボンが肌に直接働きかけてくれて、シミの改善をサポート

 

豆乳ローションはシミの改善サポートだけではなく、むだ毛にも効果があると言われているので、綺麗になりたい方にはとてもオススメです。

 

 

正しい洗顔でシミをケアする

基本的に、洗顔でシミを消す事はできません。ですが、洗顔で古い角質を少しずつ落とすことができるので、シミを徐々に薄くするのは可能です。

 

洗顔をするとシミの防止に効果的に働きかけてくれるので、正しい方法で洗顔を行なっていけばシミを消すことはできなくても、新たにシミを作らない、できてしまったシミを目立たなくすることは可能。

 

間違った方法で洗顔を行なっていると、それがシミになる原因となる場合があるので、今から書いていく正しい洗顔方法を参考にシミ対策をしてみてください。

しっかりと泡を作って洗顔する!

間違った方法のままスキンケアをすると毎日の洗顔がシミの原因になる場合も。正しい方法で洗顔を行なわないと、肌への摩擦の刺激は皮膚に負担を増やして大ダメージに。

 

洗顔でメイクを落とす際に、肌をゴシゴシと強く擦ってしまってませんか?強く肌を擦ると炎症が起きたり、強い刺激で活性酸素が発生してシミの要因であるメラニン色素が作り出す原因になります。メラニン色素はシミの原因となるので、できるだけメラニン色素の生成を抑えて、シミ予防をする必要があります。

 

洗顔をする時に摩擦を起こさないようにすることが重要。まずは洗顔料を泡たてネットなどでしっかりと泡を作り、手が肌に触れないよう、泡で肌を擦る(撫でるイメージ)ような感じで洗顔をしましょう。

 

また、キメ細かい泡を作ると、泡が毛穴にまで入っていくようになり、洗浄能力が上がります。泡が立ちやすい洗顔料を使用するのがオススメ。

 

正しい洗顔

メイク落としをする方は、オイル系の洗顔料を使用している方も多いと思いますが、その場合はクレンジング剤を多めに使用して、肌を強く擦らないよう、指を滑らせましょう。

 

肌をこすらないないようにしっかりと意識して洗顔をしてくださいね。

 

洗顔でシミを消すことはできませんが、正しい洗顔で肌の状態を良くし、そのあとの美白成分配合のスキンケアでシミの有効成分を肌の奥まで届ける準備をしてみてください。

 

もっと詳しく知りたい方は⇒シミを消すための洗顔方法

 

スキンケアランキング

口コミで人気のスキンケアランキングはこちら


睡眠をしっかりと取る

睡眠は大事

体が肌をもっとも修復してくれる時間帯があるのをご存じの方ですか?肌が1番修復される時間帯は2つあり、

 

1つ目は、ゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から深夜2時この夜22時から深夜2時の間にしっかり眠ると肌の新陳代謝が活発に行なわれ、肌の再生が早くなると言われています。

 

2つ目は、眠りについてから3時間〜4時間の時間帯。最近ではこちらの時間帯が有力とされてきているので、仕事などで夜10時に寝ることが難しいと言う方は、こちらの方がオススメです。

 

1番大切なのは、3時間から4時間は熟睡して、質の良い睡眠にすること。体が本来持っている自然治癒力を利用して、シミを消す努力をしましょう。

 

シミを消したいと思ったら、まずは睡眠から見直していきましょう!

 

シミを消す効果のある食べ物を摂取する

シミ予防は食べ物から

美肌を保つためには必要な栄養素をきちんと摂取することが大切です。シミを本気で消したいと思うなら、外側からのケアだけでなく、体の内側からケアする事が重要です。

 

過度なダイエットで食事を制限し、お肌の生成に必要な栄養素が足りない状態ではきれいな肌を保つのは難しいですし、シミを消すことはできません。

 

シミ・そばかすを予防する成分を含む食べ物を積極的に摂取し、体の内側からケアするようにしましょう。シミを消す・薄くするためには体の内側のケアは重要なポイントとなるのです。

 

抗酸化力のある食品を摂取しよう!

 

美肌のために意識して取り入れたいのは、抗酸化物質が含まれた食品です。美肌づくりの大敵の活性酵素に対抗するためにぜひ摂取してほしい食品です。もともと体の機能に備わっている抗酸化力は年齢を重ねるごとに衰えていくので、食品で補うようにしましょう。

 

※活性酵素…体の細胞をサビつかせる悪玉酵素

 

  • ビタミンA…レバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、緑黄色野菜、卵
  • ビタミンC…赤・黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ
  • ビタミンE…植物油、玄米、大豆、落花生、アボガド、カボチャ
  • ポリフェノール…ブルーベリー、ゴマ、緑茶、大豆、カカオ
  • カロテノイド…かに、鮭、トマト、とうもろこし、ほうれん草

 

積極的に体内の「抗酸化力」をアップさせる事で、体の内側から若々しさを取り戻し、シミの改善・予防へと繋がります。シミを消したい・増やしたくない方は「抗酸化力」を上げていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は⇒シミ対策に効果的な食べ物

 

美白成分配合のサプリを飲む

美白成分が配合されたサプリメントには、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果やシミ・ソバカスを改善する効果が期待できます。できてしまったシミを消すというよりは、シミができないよう予防する効果があります。成分によっては、できてしまったシミを消す効果が期待できるサプリもありますが、即効性はありませんので、長期間の服用が必要になります。
購入する際は、成分をチェックするようにしましょう。美白効果が期待できる成分は下記を参考にしてください。

ビタミンC・ビタミンE・L-システイン・エラグ酸・アルブチン

サプリメントは継続して飲む事によって効果を得ることができるので、コスト面なども含めて続けられるものを選ぶようにしましょう。サプリメントだけではシミを完全に消すことは正直難しいですが、シミ・ソバカスを予防するという意味では、とても期待できます。

 

できてしまったシミを消すには時間とお金と労力がかかるので、できるだけシミは作らない、増やさないためにもサプリメントでのシミ予防をおすすめです。

女性用健康薬 ロスミンローヤル

女性用健康薬 ロスミンローヤル

 

内容 女性用保健薬 ロスミンローヤル

270錠・30日分
(1回3粒:朝昼晩食後30分以内)

成分 ローヤルゼリー、L-システイン、DL-メチオニン、アスコルビン酸(ビタミンC)、ビタミンE散、チアミン塩化物塩酸塩、リボフラビン、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩、シアノコバラミン、カルニチン塩化物、安息香酸ナトリウムカフェイン、グリチルリチン酸、トウキ末、シャクヤク末、ブクリョウ末、ソウジュツ末、タクシャ末、センキュウ末、ハンゲ末、ニンジン末
価格 1,900円(税抜)送料無料

※初回限定(通常価格:7,600円(税抜))

備考 3箱・6箱おまとめ定期コースでさらにお得に!

 

女性用保健薬ロスミンローヤル 公式サイトはこちら

 

国内で唯一シミだけでなく、小じわにも効く効能効果が認められた医薬品のロスミンローヤルは、9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分を配合しており、冷え症や肩こり・腰痛など女性特有の不調にも効果がある女性のためのお薬です。体の内側から徹底的にアプローチし、シミ・小じわを改善していきます。

 

  • 国内で唯一小じわにも効く医薬品
  • 冷え症や肩こり・腰痛などの女性特有の不調を改善
  • 9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分を配合

もっと詳しく知りたい方は⇒サプリメントで気軽にシミのケア

 

ピーリングで古い角質を除去する

ピーリング

年齢と共に肌のターンオーバーは遅くなります。肌のターンオーバーが遅くなると、表皮は痩せて薄くなり死んだ角質細胞の層が厚くなり、肌がくすみます。

 

メラニンを排せつ作用が低下し、、シミやくすみが出やすくなった肌にピーリングは酸などの薬液を使って古い角質を取り除き、ターンオーバーを促す方法です。

 

ピーリングをすることで肌の代謝がぐんとアップし、新しい肌が再生されその結果、メラニン色素の排せつが正常に行われ、シミを消すことができるのです。
ピーリングはエステで施術を受けられますが、家庭でできるホームピーリングはお手頃でおススメです。

 

定期的にピーリングをすると、肌のターンオーバーが促進。シミの元のメラニンを外へと排せつされるのでシミの予防にもなり、できてしまったシミの改善にもつながります。シミを消したいと思ったらピーリングを取り入れてみてましょう。

もっと詳しく知りたい方は⇒ホームピーリングでシミを消す

シミの種類について

 

シミといっても様々な種類があります。自分のシミがどの種類にあたるのかによって、予防方法や対処法も変わってくるので自分のシミの種類と原因を知って適切な対応を取ることが、シミを消すための第一歩です。

 

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素班

シミの中でも一番多いのがこの老人性色素班紫外線の影響が主な原因で、最初は小さな薄い茶色いシミですが、徐々に大きくなり色も濃くなっていく事も・・・。大きくなってしまったシミはレーザー治療などで消す事が可能ですが、できたばかりの初期のシミの場合は美白成分の入ったスキンケアで改善することも可能。

 

詳しくはこちらへ


 

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

鼻を中心に、左右の頬に散らばるようにできる小さなシミは雀卵斑(正式名称)で通称そばかすそばかすは遺伝によって発生することが多いと言われおり、顔以外の部位、特に肩や背中などにもできます。紫外線を浴びると色が濃くなるので紫外線対策が重要。そばかすのシミはレーザー治療で消すことはできますが、再発する可能性もあります。

 

詳しくはこちらへ


 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着

ニキビ跡やかぶれ、傷などが原因で肌が茶色くシミになってしまった状態炎症性色素沈着。蚊に刺された部分を茶色く残ってしまったものも同じです。また、アトピー性皮膚炎の方の肌が色素沈着してしまっているのもこの炎症性色素沈着。炎症性色素沈着は時間がたてば消えることもありますが、紫外線を浴びて日焼けをすると残ってしまうので注意が必要。炎症性色素沈着のシミを治療で消すことは可能ですが、かなりの時間を要することは覚悟しましょう。

 

詳しくはこちらへ


 

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

頬骨の部分にもやっとしたシミが左右対称に広がった状態が肝斑。鼻の下や口の周り、おでこにできる事も。肝斑は女性ホルモンのバランスの崩れが原因で、妊娠中や更年期にできやすいと言われています。逆に50代後半以降になると薄くなったり、人によっては消えることもあります。肝斑には内服薬のトラネキサム酸の成分が有効。数か月服用するとシミを消すことができる可能性も。

 

詳しくはこちらへ


 

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

摩擦黒被皮症

皮膚が繰り返し摩擦の刺激を受けると、メラニン色素が生成され色素沈着を起こした状態摩擦黒皮症。入浴時にナイロンタオルでゴシゴシと擦っているシミを消したい方は要注意。またキツイ下着の締め付けでビキニラインが擦れて黒ずんでしまう事も。摩擦が起こらないように気を付けることが大事。摩擦黒皮症のシミを消すには2年〜3年ほどの時間がかかります。

 

詳しくはこちらへ


 

花弁状色素班(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素班

海やプールなどで強い紫外線を浴び、日焼けをしてしまった後に肩や背中にできるシミで、花びらのようなような形をしている花弁状色素班(光線性花弁状色素班)。色白で日焼けをすると肌が赤くなる人にできやすいシミ。しっかりとした紫外線対策をすることが大切。花弁性色素班のシミを消すにはレーザー治療で消すことが可能。

 

詳しくはこちらへ


 

顔のくすみが気になる…原因は色々

 

シミも気になるけど、顔色も悪く、なんだか薄暗いイメージ・・・そんな顔のくすみ気になりますよね。くすみとは、肌の透明感やツヤ、明るさがなく暗くくすんでいる状態の事です。シミと同様に改善したい肌トラブルの一つです。

 

くすみが生じてしまう原因は複数あります。

 

古い角質

古い角質が溜まってしまい、角質が厚くなってしまっているケース。これを「角質肥厚」と言い、古くなった角質が肌の表面に残ってしまっていてシミやくすみに有効な成分が入りにくい状態。ターンオーバーが乱れて、低下してしまっていることが原因。シミの元のメラニン色素が排出ができずシミができやすい状態。

 

 

肌の乾燥

肌が乾燥することによって生じるくすみのこと。肌が乾燥してしまい、水分が不足するとバリア機能が低下し、それを補うために角層が厚くなってしまい、上記でも説明しました「角質肥厚」の状態になります。

 

血行不良

血行不良によるくすみのこと。睡眠不足や食生活の乱れなどから血流が滞ってしまい、血色が悪くなり肌がくすんでしまいます。目の下のくまも併発してしまうことも。

 

上記以外にも、紫外線や摩擦などの刺激も角質肥厚の原因になることもあります。

 

くすみ対策

 

改善方法は、角質肥厚の場合はピーリングで古い角質を取り除き、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わりを正しいサイクルに戻す)を高めましょう。ピーリングで古い角質を除去した後は保湿をするのをお忘れなく。

 

お肌の乾燥が原因の場合は、保湿成分の高いスキンケアでたっぷり保湿。セラミドやヒアルロン酸の成分の入ったスキンケアがオススメ。

 

血行不良が原因のくすみにはマッサージが効果的。フェイスマッサージで血行を促しましょう。また質の良い睡眠や栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

くすみのケアはシミを消すためのケアにもつながります。しっかりとケアをしてシミ・くすみのない美肌を目指しましょう!

シミを今すぐ消すなら美容皮膚科へ

 

毎日のスキンケアではシミが改善しない。シミを今すぐに消したい!本気でガッツリシミを消すなら皮膚科に通院するのが確実です。医師の診察を受け、症状に合わせて治療を進めていくのが、できてしまったシミを消すには最短の道。
シミの種類によっては保険適用外になってしまうものもあるので、費用についてきちんと説明を受けてから治療を検討するようにしましょう。

 

レーザー治療

特殊な装置で発生させた光を患部に照射して治療する方法。シミの部分を焼いて除去。軽くパチンとゴムをはじかれる程度の痛みですが、耐えられない人は表面麻酔を。老人性色素班はレーザーでシミを消すことができますが、レーザーで消したシミは再発することもあるので、アフターケアが重要。

 

【費用について】
1ヶ所5,000円くらいが目安。(シミの種類や大きさ、レーザーの種類によって異なる)

 

フォトフェイシャル

部分的に治療するレーザー治療に比べてフォトフェイシャルは、顔全体に光を照射してシミを治療してく方法。シミだけでなく、シワや赤ら顔など、「シミを消す」だけではなく、様々な肌トラブルに1度に対応できるのが特徴。

 

【費用について】
3〜6回で10〜30万円くらいが目安。(シミの種類や各医療機関によって金額が変わる可能性あり)

 

ケミカルピーリング

シミが気になる箇所を含めて、肌に薬剤を塗り、皮膚の古い角質を取り除き、新しい皮膚の再生を促す治療法。古い角質を取り除く事で肌のターンオーバーが活性化。シミ・シワ・たるみ・毛穴などに有効。炎症性色素班のシミを消す治療などに用いられます。

 

【費用について】
1回5,000円〜2万円くらいが目安。(シミの種類や各医療機関によって異なる)

 

シミの予防対策【紫外線】

 

シミの原因として、一番に紫外線があげられるのはもうご存知ですよね。肌は紫外線を受けるとシミの原因となるメラニン色素を作り出しますが、実はメラニン色素は紫外線からお肌を守るという重要な働きをします。(それによってシミが出てきてしまうのですが)

 

メラニン色素はメラノサイトから作り出されて、表皮細胞に入り込み肌が受けた紫外線を吸収、炎症や細胞へのダメージを少なくする役割があります。

 

肌のターンオーバー

 

肌は紫外線を受ける量が少なければ、メラニン色素はゆるやかに作り出され、メラニン色素が入り込んだ表皮細胞は肌のターンオーバーで剥がれていき、紫外線を受ける前の肌の白さへ向かうんですね。

 

このターンオーバーの働きが乱れると、メラニン排せつがうまくいかずにシミになる可能性が。ターンオーバーが乱れる原因には、加齢や生活習慣の乱れなどがあり、これによりシミのできやすい肌に!

 

できてしまったシミを消すためには、まずはお肌のターンオーバーを正常にし、シミの元のメラニン色素を排せつすることが大切。

 

スキンケアランキング

口コミで人気のスキンケアランキングはこちら


紫外線によるシミを防ぐためには

 

シミの改善をするために、最も行なっておきたいのが紫外線の予防です。強い日差しに含まれる、目に見えない紫外線を浴びることで肌にダメージを受けてしまうと「光老化(こうろうか)」が起こります。光老化は、歳を重ねることで生じる老化とは異なり、紫外線による影響で、シミ・しわ・たるみなどが肌に現れる現象です。

 

一度できてしまったシミを消すことは大変なので、シミができないように常に紫外線の予防対策を取ることが必要です。どのような対策方法でシミを消したい人の最大の敵、紫外線をきちんと防ぐことができるのかをご紹介。

 

日焼け止めをしっかり塗る

シミ、日焼けを気にしている人は夏は日焼け止めをしっかりと塗っているでしょう。が、秋になってくると日焼け止めを塗る頻度が少なくなってしまってませんか?ちょっとした油断がシミの元を作ってしまうので要注意です。基本的には、日焼け止めは季節関係なく塗るのがオススメ。

 

日焼け止め

シミを消すために対策必須な紫外線は、夏が1番強いのですが、夏が始まりだす5月から7月に最も強くなり、その後の秋や冬にも私達は紫外線をずっと浴びています。さらに、雨の日やくもりの日でも紫外線はずっと降り続いているので、シミを防止したいときには、化粧の下地の変わりに日焼け止めを使うといいでしょう。

 

また、できてしまったシミの部分に紫外線を浴びてしまうと、シミがさらに濃くなってしまうので要注意!色が濃くなってしまったシミを消すのは時間、労力、コスト(お金)がかかってしまうので、これ以上シミが濃くなってしまわないよう日焼け止めを塗る事を忘れないように。

 

紫外線が強く、汗をかいて落ちやすい5月から秋にかけては特に、こまめに塗るようにしていきましょうね。

 

 

日焼け止めの上にパウダーファンデーションを重ねる

紫外線による日焼けを予防しシミ対策をするなら、パウダーファンデーションを重ねづけするとより効果的。パウダーの粉の成分が紫外線散乱剤と似た働きをするため、紫外線防止効果があります。特にUVカットの表示のないファンデーションでもUVカットの効果があるのです。

 

また日焼け止めを毎日塗っていると、どうしても肌への負担がかかってしまうので、1日中屋内にいる時はパウダーファンデーションだけでも十分紫外線予防の効果があるので、シミを消したいとお悩みであれば、しっかり使い分けるのが良いでしょう。

 

また、パウダーファンデーションはシミを消す(隠す)効果もあるので、シミのある部分には少し厚めに塗っておくとシミを目立たなくし、シミをこれ以上濃くしないための予防にもなります。

 

日焼け止めの正しい選び方

 

日焼け止めにはたくさんの種類があります。SPFってなに?PAって?わからずに使っていると、知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまう可能性が・・・。使用する状況によって日焼け止めの種類を選ぶ事が大切です。日焼け止めの選び方についてお話していきます。

 

SPFとは

 

SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。紫外線防御効果の事で、シミやそばかすの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする指標。数値が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高くなる。

 

※SPF1=20〜25分(肌の色によっても変わる。)
SPFの数値は、日焼け止めの効果の持続時間を表しており、日焼け止めを使用しない状態に比べて20〜25分日焼けを遅らせるという意味。

 

PAとは

 

PAとはプロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略。UV-A防御指数の事で、紫外線A波(UVA)をカットする指標です。「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階に分けられており、+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなる。

 

肌の弱い人にはノンケミカル

 

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あり、紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こすため、肌への刺激になる可能性があり肌トラブルになる事も。紫外線散乱剤は肌の上で反射させるため、参加チタンや金属の細かい粘土質の粉が使われているので肌が乾燥しやすくなりますが、かぶれなどの肌トラブルは起こりずらいです。肌の弱い方は日焼け止めを選ぶ際に、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」の表示があるものを選ぶようにしましょう。

 

日焼け止めは使用シーンに合わせて選びましょう。

 

日焼け止め(SPF・PA)を選ぶ際は、使用する状況に応じて選ぶようにしましょう。

 

  • ・通勤・通学・買い物などの日常生活の場合SPF10+程度
  • ・スポーツや部活・レジャーなどはSPF10〜30++あたりが無難
  • ・海水浴やプールなど炎天下で活動する場合はSPF30〜50+++以上が確実

 

SPF・PAの目安について

 

紫外線を防ぐアイテムを使う

肌を紫外線から守りたい時には、1日に日焼け止めをこまめに塗るのがベストですが、塗る時間がない、塗るのを忘れてしまった、ということもあると思います。

 

そんな時、助けてくれるものとして、いつでもすぐに使用できる紫外線予防アイテムを持ち歩くとシミ消し対策の助けになるでしょう。

 

顔のシミをだけでなく、他の部位にシミを作りたくない方にはぜひ取り入れてほしい紫外線予防アイテムをご紹介。

 

日焼け止めサプリを飲む

 

日焼け止めサプリ

日焼け止めと言えば肌に直接塗るタイプのものが主流でしたが、最近では飲む日焼け止めサプリが話題に。紫外線を浴びることで発生する、体をサビつかせる原因の「活性酵素」に対抗する「抗酸化力」を高める成分を配合。お肌が弱く日焼け止めクリームを塗りたくない方のシミ対策にオススメ。

 

日焼け止めスプレー

 

日焼け止めスプレー

日焼け止めスプレーは、日焼け止めクリームを塗るよりも面倒くさくなく簡単に使えてオススメ。カバンなどから取り出して、紫外線から守りたい部分にシューっと吹きかけるだけで日焼け止め効果を得ることができるので、簡単にシミ対策。髪の毛のUVケアに使えるタイプも。

 

 

日傘

 

日傘

紫外線が強い日に出かけないといけない、そんなときに便利なアイテムで、シミを絶対に作りたくない方なら誰でも持っている日傘。紫外線を遮断する効果の高いかわいい日傘を選んで、ファッションとして楽しむのもオススメです。折り畳みできるタイプの日傘をいつでもカバンに入れておくと安心。

 

 

UVカット機能つきの羽織りもの

 

UVカットカーディガン

UVカット機能がある羽織りものはなるべく持ち歩いておきたいところ。肌寒くなってきた時期などに便利で、外出時に羽織るだけで紫外線から肌を守ると同時に、肌寒くなったらサッと羽織れるのも嬉しいポイント。紫外線から肌を守るだけではなく、体温調整もできるのでとても役に立つものとなるでしょう。体にもシミを作りたくない方におすすめです。

 

 

UVカットストール

 

UVカットストール

顔に日焼け止めをしっかり塗ったけど、首に塗るのを忘れてしまい首だけ日焼けしてしまった、と言う経験をした方も多いのでは。UVカットストールを使用すればさっと首に巻くだけで、日焼け止めを塗らなくても紫外線から肌を守ることが可能です。コンパクトにたためるので、かさばらないので持ち歩きやすいアイテム。

 

シミは一度できてしまうと消すのは大変。シミを消したいのであれば、これ以上増やさないようにしっかりとシミ予防対策する事が重要。「このくらいの日差しなら大丈夫・・・」という考えはとても危険。常に紫外線を意識してシミに繋がらない努力を惜しまないでください。

シミ・そばかすを消したいとお悩みの口コミ&体験談

 

シミ・そばかすの悩み口コミ&体験談

 

シミで悩むA子さん

若い頃の日焼けの過ち・・・。

若い頃の日焼けブームにのってしまい、日焼け対策なんて事はまったく考えず肌を焼いてしまいました。まさか自分にシミができるなんて当時の私は考えもせず。そのツケがきて年々シミが増えてしまっている状態に。新しいシミを見つけるたびに若い頃の自分を引っ叩いてやりたい。できてしまったシミを消すのはものすごい苦労が伴い、だからこそ予防対策が必要だということを実感。今からできる事はなんでもやろうと思っていて、スキンケアは必ず美白成分が入っているものを選ぶようにしています。できてしまったシミを消して、若い頃の自分を責めずに済むように透き通った肌が今の目標。これ以上シミを増やさないようシミを消す努力は怠りません!

 

シミで悩むB子さん

気づいた時には遅かった。

子育てをしていると、やはり外に出る事が多くなりうっかり日焼け止めを塗り忘れてしまう。帽子をかぶっているから大丈夫かと、それでは甘く、だめだったようで、ぽつぽつとシミが出はじめてしまいました。最初は小さく気にならない程度のシミだったのに、徐々に大きくり目立つように。シミを消したいと、慌ててシミ・そばかすに効果のあるといわれているスキンケアを使いはじめても、そんな簡単には消えません。できてしまったシミを消すことがこんなに大変だとは・・・。もっと早くにシミ対策をしておけばよかったと後悔。今では日焼け止めをしっかりと塗り、美白効果のあるスキンケアをかかさずしてシミ予防。シミを消すためにできることは何でも試していきたいです。

 

シミで悩むC子さん

シミ対策の知識が足りなかった。

学生の頃にテニス部に所属していました。屋外でやる事が多いスポーツなので日焼けはそれなりに気にしていたので日焼け止めは塗るようにはしてたつもり。それでも対策が足りなかったようでそばかすのような小さいシミが!日焼け止めを塗って安心していましたが日焼け止めの選び方を理解していませんでした。そのあとのスキンケアもシミを消したい今となってはまるでなってない間違えた方法で。シーンに応じた日焼け止め選びと、その後のスキンケア、この2つをきちんとしていればシミに悩むことはなかったのに。シミを消すために良いとされている事を色々と試しているものの、シミを消すまで至っていません。ちょっとお金がかかりますがレーザー治療でシミを消すことができるならやってみたい、少しでも早くこのシミを消したい…と願う日々です。

顔のシミを消す方法を伝授!トップページはこちら


顔のシミに効果的なスキンケアランキング

顔のシミを消す方法


シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるスキンケアをご紹介しています。