シミを簡単に消すことができる?

 

シミを消すためにできる対処法

 

シミを消すための対策

ある日突然気づく顔のシミ…。

年齢を重ねていくうちにいつの間にかできてしまっているシミには悩まされるものです。ちゃんと予防対策をしておけば良かったと思っても、もう遅いのです。

 

できてしまったシミはもう消せないの?

 

いいえ、そんな事はありません。完全にシミを消す事は難しいですが、きちんとスキンケアをする事でシミを薄く、目立たなくするよう事は可能です。

 

できてしまったシミをこのままにしておくと、どんどん大きくなり、色も濃くなる可能性も・・・。。シミに気づいたら・できてしまったシミを消したいと思ったら、早急に対策を取るようにしましょう。

 

ここではそのシミの種類や原因、対処法についてご説明致します。

 

シミを消す人気の美白化粧品ランキング

 

そもそもシミの原因とは?

 

シミができる大きな原因の1つが紫外線

 

肌は紫外線を浴びると、メラノサイト(別名色素形成細胞)という細胞が刺激され、メラニンが作り出されます。基本的にメラニンというものは、紫外線から肌を守ってくれる働きをしてくれます。

 

ですが、紫外線をたくさん浴びるとメラニンの排せつができなくなり、肌の奥に溜まりこれがシミとなります。

 

紫外線浴びするとシミの原因となります。

 

さらに、目から入ってきた場合の紫外線は、肌で受けた紫外線よりもシミを作り出しやすくなります。

 

シミができる他の要因にストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどがあげられ、ストレスや睡眠不足で生活習慣が乱れてくると肌が老化しやすくなり、シミができやすい肌になります。

 

肌の再生は寝てる間に・・・。

肌を再生する働きの新陳代謝は、夜寝ている間にしか行なわれません。なので夜更かしをすると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、古くなった汚れた角質が肌にくっ付いたままの状態になり、シミやニキビなどの肌荒れの原因に。きれいな肌を保つためにも睡眠は大切なのです。

 

その他に、ニキビなどによって肌にできた炎症の跡がシミとなる場合も。何故かと言うと、ニキビなどで炎症が起きるとメラノサイトが刺激を受け、大量のメラニンが作り出されて全て排出できなくなり、シミとなって肌に残ってしまうからです。

 

一度できてしまったシミを消す事はとても難しいです。シミができてしまう前に予防対策をする事がとても重要なのです。

シミに効く人気の美白化粧品トライアルセットはコレ!


顔のシミに効果があるスキンケアランキング

 

 

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

 

b.glenは独自の浸透テクノロジーで美白成分の「ハイドロキノン」を角層の奥まで届けることを可能にした美白化粧品です。
シミに直接働きかける、洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームの5つのステップで、シミの悩みを解消します。

 

浸透力は他の化粧品の3〜10倍あるので、少ない量で美白成分のハイドロキノンを角層の奥まで届けるので高い効果を得ることができるのが特徴です。
※シミ…「日焼け」による

 

b.glen(ビーグレン)の特徴

 

  • 国際特許の浸透テクノロジーを応用
  • 医療レベルの浸透技術を使用
  • 天然素材使用で肌に優しい
  • 365日、いつでも返金保障可能

 

セット内容

クレイウォッシュ(15g)
QuSomeローション(20mL)
Cセラム(5mL)
QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

有効成分 QuSomeR化ビタミンC

QuSomeR化ハイドロキノン

価格 1,800円(税抜)送料無料
その他 365日返金保証・代引き手数料無料

 

>>ビーグレン製品の使い方動画はこちら<<

 

詳細はこちらから

 

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

 

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」はシミで悩む方のために作られた化粧品です。シミに効果的と言われるハイドロキノンやビタミンCを豊富に配合、シミを薄くすることに特化しているのが特徴です。

 

一般的に炎症を起こしやすいハイドロキノンですが、ラグジュアリーホワイトは新安定型ハイドロキノンを使用しているので安心して使用できます。
※「シミ」…日焼けによるシミ「美白」…メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

 

ラグジュアリーホワイトの特徴

 

  • ハイドロキノン・ビタミンC誘導体を配合
  • 乾燥しやすい美白化粧品の中でも抜群の保湿力
  • 安全な新安定型ハイドロキノンを使用
  • 女性特有の肝斑のシミにも効果あり

 

セット内容

スポット集中美容液(3g)
化粧水(20ml)
薬用美白美容液(8ml)
美容乳液ゲル(10g)
メイク落とし・洗顔料(パウチ2包)

有効成分

ハイドロキノン誘導体
ビタミンC誘導体

価格 1,890円(税込)送料無料
その他 手数料無料・次回1,000円割引

 

>>アンプルール美白美容液の使い方動画はこちら<<

 

詳細はこちらから

 

 

 

ディセンシア サエル トライアルセット

 

「サエル トライアルセット」は化粧品メーカーとして有名なオルビスとポーラから販売されている美白化粧品です。乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できるよう、肌に優しい素材のみで作られおり、シミ・くすみ・乾燥のない肌へと導いてくれるスキンケアです。
10日間、低価格で使用することができるので、試しに使ってみたいという方も気軽に購入できます。

 

【ディセンシア】サエルの特徴

 

  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌のバリア機能をアップ
  • 天然素材が肌の炎症・酸化を抑える
  • リピート率は驚異の94%
  • 30日間返品保障

 

セット内容

美容美白化粧水(14ml)
薬用美白美容液(8ml)
薬用美白クリーム(9g)
エッセンスインCCクリーム(1回分)

有効成分

ビタミンC誘導体
アルブチン

価格 1,480円(税込)送料無料
その他 手数料無料・30日間返品保証

 

詳細はこちらから

 

 

シミを予防する美白化粧品は365日使いましょう!

 

美白化粧品は365日使いましょう!

紫外線が強くなる春から夏にかけて、美白化粧品のCMがよく目につくようになり、その頃からあわてて美白化粧品に切り替える…そんな方も多いのではないでしょうか?しかし紫外線は年中降り注いでいるので、夏だけ美白化粧品にしてもあまり意味がないのです。

 

今まで浴びた紫外線が徐々に蓄積されシミとなって表面に現れます。そのため一年を通して紫外線対策をする必要があるのです。美白化粧品はできてしまったシミを消す、というよりはシミを予防する事を目的としているので、常に美白化粧品を使うようにしましょう。

 

シミはできてしまうと、消すことはとても大変です。シミのもとを作らないよう、美白化粧品でしっかりと予防対策をすることがとても重要です。

 

ビタミンC誘導体をいつものケアにプラス

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑え、メラニンを薄くする効果がありますのでシミが気になる方は毎日のスキンケアにプラスするとより効果的です。美顔器を使用してイオン導入するとさらに浸透率がアップします。

 

シミを消したいと思ったら…すべき事とは?

 

シミはできてしまう前に予防する事が大切ですが、できてしまったシミも努力次第で徐々に薄くしていく事は可能です。

 

これから紹介する項目を、意識して取り入れる事でシミ予防にもなり、できてしまったシミのケアにもなります。

 

シミを増やさないためにも、毎日の生活にシミ対策をしっかりと取り入れるようにしましょう。

 

正しい洗顔でシミをケアする

基本的に、洗顔でシミを消す事はできません。ですが、洗顔で古い角質を少しずつ落とすことができるので、シミを徐々に薄くするのは可能です。

 

洗顔をするとシミの防止に効果的に働きかけてくれるので、正しい方法で洗顔を行なっていけばシミを消すことはできなくても、新たにシミを作らない、できてしまったシミを目立たなくすることは可能。

 

間違った方法で洗顔を行なっていると、それがシミになる原因となる場合があるので、今から書いていく正しい洗顔方法を参考にしてみてください。

しっかりと泡を作って洗顔する!

間違った方法で行なわれる毎日の洗顔がシミの原因になる場合も。正しい方法で洗顔を行なわないと、肌が摩擦の刺激でダメージを受けてしまいます。

 

洗顔でメイクを落とす際に、肌をゴシゴシと強く擦っている方はいませんか?強く肌を擦ると炎症が起きたり、強い刺激で活性酸素が発生してメラニン色素が作り出されてしまいます。メラニン色素はシミの原因となりますので、できるだけメラニン色素の生成を抑える事がシミ予防につながります。

 

洗顔をする時に摩擦を起こさないようにすることが重要です。その方法は、まず洗顔料を泡たてネットなどでしっかりと泡を作り、手が肌に触れないよう、泡で肌を擦るような感じで洗顔していきます。

 

キメ細かい泡を作ると、泡が毛穴にまで入っていくようになり、洗浄能力が上がります。オススメとしては、泡が立ちやすい洗顔料を使用するのがいいでしょう。

 

正しい洗顔

メイク落としをする方は、オイル系の洗顔料を使用している方も多いと思いますが、その場合はクレンジング剤を多めに使用して、肌を強く擦らないよう、指を滑らせるようにするといいでしょう。

 

重要なのは肌を擦らないようにすることなので、しっかりと意識して洗顔を行なうようにしましょう。

 

洗顔でシミを消すことはできませんが、正しい洗顔で肌の状態を良くし、そのあとの美白成分配合のスキンケアでシミを薄くすることは可能です。

 

もっと詳しく知りたい方は⇒シミを消すための洗顔方法

 

スキンケアランキング

口コミで人気のスキンケアランキングはこちら


睡眠をしっかりと取る

睡眠は大事

体が肌をもっとも修復してくれる時間帯があるのをご存じの方ですか?肌が1番修復される時間帯は2つあり、

 

1つ目は、ゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から深夜2時この夜22時から深夜2時の間にしっかり眠ると肌の新陳代謝が活発に行なわれ、肌の再生が早くなると言われています。

 

2つ目は、眠りについてから3時間〜4時間の時間帯。最近ではこちらの時間帯が有力とされてきています。仕事などで夜10時に寝ることが難しいと言う方は、こちらの方がオススメです。

 

1番大切なのは、3時間から4時間は熟睡して、質の良い睡眠にすること。体が本来持っている自然治癒力を利用して、シミを消す努力をしましょう。

 

シミを消したいと思ったら、まずは睡眠から見直していきましょう!

 

シミを消す効果のある食べ物を摂取する

シミ予防は食べ物から

美肌を保つためには必要な栄養素をきちんと摂取することが大切です。シミを本気で消したいと思うなら、外側からのケアだけでなく、体の内側からケアする事が重要です。

 

過度なダイエットで食事を制限し、お肌の生成に必要な栄養素が足りない状態ではきれいな肌を保つのは難しいですし、シミを消すことはできません。

 

シミ・そばかすを予防する成分を含む食べ物を積極的に摂取し、体の内側からケアするようにしましょう。シミを消す・薄くするためには体の内側のケアは重要なポイントとなるのです。

 

抗酸化力のある食品を摂取しよう!

 

美肌のために意識して取り入れたいのは、抗酸化物質が含まれた食品です。美肌づくりの大敵の活性酵素に対抗するためにぜひ摂取してほしい食品です。もともと体の機能に備わっている抗酸化力は年齢を重ねるごとに衰えていきますので、食品で補うようにしましょう。

 

※活性酵素…体の細胞をサビつかせる悪玉酵素

 

  • ビタミンA…レバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、緑黄色野菜、卵
  • ビタミンC…赤・黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ
  • ビタミンE…植物油、玄米、大豆、落花生、アボガド、カボチャ
  • ポリフェノール…ブルーベリー、ゴマ、緑茶、大豆、カカオ
  • カロテノイド…かに、鮭、トマト、とうもろこし、ほうれん草

 

積極的に体内の「抗酸化力」をアップさせる事で、体の内側から若々しさを取り戻し、シミの改善・予防へと繋がります。シミを消したい・増やしたくない方は「抗酸化力」を上げていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は⇒シミ対策に効果的な食べ物

 

美白成分配合のサプリを飲む

美白成分が配合されたサプリメントには、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果やシミ・ソバカスを改善する効果が期待できます。できてしまったシミを消すというよりは、シミができないよう予防する効果があります。成分によっては、できてしまったシミを消す効果が期待できるサプリもありますが、即効性はありませんので、長期間服用する必要があります。
購入する際は、成分をチェックするようにしましょう。美白効果が期待できる成分は下記を参考にしてください。

ビタミンC・ビタミンE・L-システイン・エラグ酸・アルブチン

サプリメントは継続して飲む事によって効果を得ることができるので、コスト面なども含めて続けられるものを選ぶようにしましょう。サプリメントだけではシミを完全に消すことは正直難しいですが、シミ・ソバカスを予防するという意味では、とても期待できます。

 

できてしまったシミを消すには時間とお金と労力がかかります。できるだけシミは作らない、増やさないためにもサプリメントでのシミ予防をおすすめです。

もっと詳しく知りたい方は⇒サプリメントで気軽にシミのケア

 

美白成分を配合したスキンケアを使う

基礎化粧品のケアでシミを完全に消すのは困難です。基礎化粧品でのスキンケアは洗顔と同じように、少しずつ薄くしていきながらシミを改善していきます。

 

使い始めてすぐにシミが消える、というわけではありませんので長期的に化粧品でケアをする必要があります。基礎化粧品のケアに加えて普段の食事で体の内側からシミのケアをすることによって、シミの改善効果アップしましょう。

 

根気強いケアで気づいたらシミを消すことができた!なんてこともあるかもしれません。できてしまったシミを消したいと思ったら、スキンケアの美白成分を意識するようにしましょう。

 

※美白成分とは「肌を白くするもの」ではなく、シミの元のメラニンの生成を抑える事が美白成分です。

 

厚生労働省が医薬部外品として効果を認めた成分

 

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間にあたるもので、厚生労働省が許可した「効果に有効な成分」が定められた量を配合されています。医薬品のような強い作用ではなく緩やかに作用し、主に予防として使われます。シミの種類によっては、薄くする(消す)効果のある成分もあります。

 

アルブチン

 

コケモモから抽出された成分で、ハイドロキノンとブドウ糖が結びついたもの。チロシナーゼの働きを抑制する効果。

 

エラグ酸

 

イチゴやザクロなどに含まれる天然のポリフェノール、チロシナーゼの働きを抑制する効果。

 

ルシノール

 

北欧のモミの木の成分を参考に生まれた成分。チロシナーゼの働きを抑制する効果。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCを肌に吸収しやすい状態に変えたものでチロシナーゼの働きを抑制する効果や抗酸化作用や老化現象、ニキビの炎症を抑える効果。

 

プラセンタエキス

 

動物の胎盤から抽出したエキス。チロシナーゼの抑制効果や保湿・若返りの効果。

 

カモミラET

 

カモミール(西洋カミツレ)から抽出された成分、エンドセリンの働きを抑制する効果や抗炎症作用の効果。

 

トラネキサム酸

 

メラニン色素の生成にかかわる表皮伝達物質の一つであるプロスタグランジンを抑制。主に肝斑の治療に使われる成分。

 

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)

 

資生堂が開発した美白成分。メラニン色素の生成にかかわる表皮伝達物質の一つであるプロスタグランジンを抑制。

 

リノール酸

 

紅花油・オリーブオイル・グレープシードオイルなどの植物油から抽出された成分。体内では生成する事のできない脂肪酸のため「必須脂肪酸」と呼ばれ、チロシナーゼの量を減らす効果。

 

上記以外にも、コウジ酸・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)・エナジーシングルAMP・マグノリグナン・D-メラノ・ロドデノール・TXCなどの美白成分が医薬部外品に使われています。

 

チロシナーゼとは…メラニン色素が作られる際に働く酵素の事でこのチロシナーゼという酵素を抑制し、シミを防ぐ事ができます。

 

エンドセリン…紫外線が表皮細胞に当たると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。

 

その他のシミに効果のある美白成分

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われており、皮膚科で治療薬としても使用されています。ほかの成分と比べると、約10から100倍の美白効果があります。

 

メラニン色素が作り出されるのを抑えて、できてしまったシミを薄くしていく効果があります。ドラッグストアなどでもハイドロキノン配合の化粧品を購入できます。

 

ですが、ハイドロキノンは刺激があるので赤みができたり、肌が荒れる場合があるので、敏感肌の方は注意して使用するようにしましょう。
シミを消す事を目的に大量に塗る、という行為は危険ですのでご注意ください。

 

油溶性天草エキス(グラブリジン)

 

天草マメ科の植物の漢方薬から抽出した、フラボノイドを主体とした油溶性の植物エキスの成分で、チロシナーゼの抑制効果と消炎効果もあるので肌が弱い人に使いやすい成分です。肝斑などのシミを消す治療に用いられています。

 

シミ予防に効果のあるアイテムを使う

美白成分は配合されていませんが、シミ予防に効果的なアイテムを使ってみるのも一つの方法です。比較的安く購入できるものもあり、コストパフォーマンスの面でもおすすめです。メラニンの生成を抑える効果のあるスキンケアを使う事で、シミの発生を抑えることができます。

 

馬油を使う

 

馬油

馬油は血行をよくする効果があるので、新陳代謝を促してくれて肌の再生のサポートをしてくれます。抗酸化作用の効果もあり、メラニン色素の生成も抑えてくれます。

 

馬油は昔からやけど傷に効くとされており、肌に使用することによって熱を取り除き、炎症を抑える効果があります。この効果によってメラニン色素が作られるのを防止してくれます。

 

馬油の主な特徴は浸透力で、毎日のスキンケアの前に馬油を肌に塗っておくとスキンケア用品の効果を高めてくれます。馬油は薬品ではないので、副作用が起きる心配も必要ありません。

 

シミを消すというよりは、シミを予防する効果が期待できます。

 

パウダーファンデーション

 

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、紫外線から肌を守ってくれる効果があり、肌に塗れば塗るほど紫外線を遮断する効果が強くなり、メラニン色素が作られにくくなります。

 

ファンデーションによってはUVカット効果があるものもありますが、その効果がないものでもきちんと塗ることで、シミが作り出されるのを防いでくれます。
ファンデーション自体にはシミを消す効果はありませんが、パウダーの粉の成分が紫外線を跳ね返すので、日焼け止めと同様の効果が期待できます。

 

あまりにも厚塗りすると厚化粧に見えたり、肌の見た目に違和感が出てきてしまうので、できるだけ自然に見えるように塗るようにしましょう。
現在できてしまっているシミの部分に、ファンデーションを少し多めに塗り、指でトントンと馴染ませるとシミを消す(目立たなくする)ことができます。

 

気になるシミを隠すことができ、シミを予防する効果のあるパウダーファンデーションはシミ対策に重宝するアイテムです。

 

豆乳ローション

 

豆乳ローションは、肌の血行を良くし、新陳代謝を促し、メラニン色素の発生を防止してくれます。

 

豆乳ローション

シミはホルモンバランスの乱れでできる場合もあるとされており、女性ホルモンに似ているイソフラボンが肌に直接働きかけてくれて、シミの改善をサポート

 

豆乳ローションはシミの改善サポートだけではなく、むだ毛にも効果があると言われているので、綺麗になりたい方にはとてもオススメです。

 

 

ピーリングで古い角質を除去する

ピーリング

年齢と共に肌のターンオーバーは遅くなります。肌のターンオーバーが遅くなると、表皮は痩せて薄くなり死んだ角質細胞の層が厚くなり、肌がくすみます。

 

メラニンを排せつ作用が低下し、、シミやくすみが出やすくなった肌にピーリングは酸などの薬液を使って古い角質を取り除き、ターンオーバーを促す方法です。

 

ピーリングをすることで肌の代謝がぐんとアップし、新しい肌が再生されます。その結果、メラニン色素の排せつが正常に行われ、シミを消すことができるのです。
ピーリングはエステで施術を受けられますが、家庭でできるホームピーリングはお手頃でおススメです。

 

定期的にピーリングをすると、肌のターンオーバーが促進。シミの元のメラニンを外へと排せつされるのでシミの予防にもなり、できてしまったシミの改善にもつながります。

もっと詳しく知りたい方は⇒ホームピーリングでシミを消す

シミの種類について

 

シミといっても様々な種類があります。自分のシミがどの種類にあたるのかによって、予防方法や対処法も変わってきます。自分のシミの種類と原因を知って適切な対応を取ることが、シミを消すための第一歩となるのです。

 

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素班

シミの中でも一番多いのがこの老人性色素班紫外線の影響が主な原因で、最初は小さな薄い茶色いシミですが、徐々に大きくなり色も濃くなっていく事も・・・。大きくなってしまったシミはレーザー治療などで消す事が可能ですが、できたばかりの初期のシミの場合は美白成分の入ったスキンケアでも改善できます。

 

詳しくはこちらへ


 

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

鼻を中心に、左右の頬に散らばるようにできる小さなシミは雀卵斑(正式名称)で通称そばかすそばかすは遺伝によって発生することが多いと言われおり、顔以外の部位、特に肩や背中などにもできます。紫外線を浴びると色が濃くなるので紫外線対策が重要。そばかすのシミはレーザー治療で消すことはできますが、再発する可能性もあります。

 

詳しくはこちらへ


 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着

ニキビ跡やかぶれ、傷などが原因で肌が茶色くシミになってしまった状態炎症性色素沈着。蚊に刺された部分を茶色く残ってしまったものも同じです。また、アトピー性皮膚炎の方の肌が色素沈着してしまっているのもこの炎症性色素沈着。炎症性色素沈着は時間がたてば消えることもありますが、紫外線を浴びて日焼けをすると残ってしまうので注意が必要。炎症性色素沈着のシミを治療で消すことは可能ですが、かなりの時間を要することは覚悟しましょう。

 

詳しくはこちらへ


 

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

頬骨の部分にもやっとしたシミが左右対称に広がった状態が肝斑。鼻の下や口の周り、おでこにできる事も。肝斑は女性ホルモンのバランスの崩れが原因で、妊娠中や更年期にできやすいと言われています。逆に50代後半以降になると薄くなったり、人によっては消えることもあります。肝斑には内服薬のトラネキサム酸の成分が有効。数か月服用するとシミを消すことができる可能性も。

 

詳しくはこちらへ


 

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

摩擦黒被皮症

皮膚が繰り返し摩擦の刺激を受けると、メラニン色素が生成され色素沈着を起こした状態摩擦黒皮症。入浴時にナイロンタオルでゴシゴシと擦っている方は要注意。またキツイ下着の締め付けでビキニラインが擦れて黒ずんでしまう事も。摩擦が起こらないように気を付けることが大事。摩擦黒皮症のシミを消すには2年〜3年ほどの時間がかかります。

 

詳しくはこちらへ


 

花弁状色素班(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素班

海やプールなどで強い紫外線を浴び、日焼けをしてしまった後に肩や背中にできるシミで、花びらのようなような形をしている花弁状色素班(光線性花弁状色素班)。色白で日焼けをすると肌が赤くなる人にできやすいシミ。しっかりとした紫外線対策をすることが大切。花弁性色素班のシミはレーザー治療で消すことが可能。

 

詳しくはこちらへ


 

顔のくすみが気になる…原因は色々

 

シミも気になるけど、顔色も悪く感じる・・・そんな顔のくすみが気になっている方も多いのではないでしょうか。くすみとは、肌の透明感やツヤ、明るさがなく暗くくすんでいる状態の事です。シミと同様に改善したい肌トラブルの一つです。

 

くすみが生じてしまう原因は複数あります。

 

古い角質

古い角質が溜まってしまい、角質が厚くなってしまっているケースです。これを「角質肥厚」と言い、古くなった角質が肌の表面に残ってしまっている状態です。ターンオーバーが乱れて、低下してしまっていることが原因です。

 

肌の乾燥

肌が乾燥することによって生じるくすみです。肌が乾燥してしまい、水分が不足するとバリア機能が低下します。それを補うために角層が厚くなってしまい、上記でも説明しました「角質肥厚」の状態になります。

 

血行不良

血行不良によるくすみです。睡眠不足や食生活の乱れなどから血流が滞ってしまい、血色が悪くなり肌がくすんでしまいます。目の下のくまも併発してしまうことも。

 

上記以外にも、紫外線や摩擦などの刺激も角質肥厚の原因になることもあります。

 

くすみ対策

 

改善方法は、角質肥厚の場合はピーリングで古い角質を取り除き、ターンオーバーを高めましょう。ピーリングで古い角質を除去した後は保湿をするのを忘れないようにしましょう。

 

お肌の乾燥が原因の場合は、保湿成分の高いスキンケアでたっぷり保湿。セラミドやヒアルロン酸の成分の入ったスキンケアがおススメです。

 

血行不良によるくすみにはマッサージが効果的。フェイスマッサージで血行を促しましょう。また質の良い睡眠や栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

くすみのケアはシミを消すためのケアにもつながります。しっかりとケアをしてシミ・くすみのない美肌を目指しましょう!

シミを今すぐ消すなら美容皮膚科へ

 

毎日のスキンケアではシミが改善しない。シミを今すぐに消したい!そんな方は皮膚科がおすすめです。医師の診察を受け、症状に合わせて治療を進めていくのが、できてしまったシミを消すには最短の道です。
シミの種類によっては保険適用外になってしまうものもあるので、費用についてきちんと説明を受けてから治療を検討するようにしましょう。

 

レーザー治療

特殊な装置で発生させた光を患部に照射して治療する方法。シミの部分を焼いて除去。軽くパチンとゴムをはじかれる程度の痛みですが、気になる方は表面麻酔を行うことも可能。老人性色素班のシミはレーザーで消すことが可能。レーザーで消したシミが再発することもありますので、アフターケアが重要。

 

【費用について】
シミの種類や大きさ、レーザーの種類によっても変わりますが1ヶ所5,000円くらいが目安。

 

フォトフェイシャル

部分的に治療するレーザー治療に比べてフォトフェイシャルは、顔全体に光を照射してシミを治療してく方法。シミだけでなく、シワや赤ら顔など様々な肌トラブルに1度に対応できるのが特徴。

 

【費用について】
シミの種類や各医療機関によって異なりますが、3〜6回で10〜30万円くらいが目安。

 

ケミカルピーリング

肌に薬剤を塗り、皮膚の古い角質を取り除き、新しい皮膚の再生を促す治療法。古い角質を取り除く事で肌のターンオーバーが活性化。シミ・シワ・たるみ・毛穴などに有効。炎症性色素班のシミを消す治療などに用いられます。

 

【費用について】
シミの種類や各医療機関によって異なりますが、1回5,000円〜2万円くらいが目安。

 

シミの予防対策【紫外線】

 

シミの原因として、一番に紫外線があげられるのはご存知の方は多いと思います。肌は紫外線を受けるとシミの原因となるメラニン色素を作り出しますが、実はメラニン色素は紫外線からお肌を守るという重要な働きをします。

 

メラニン色素はメラノサイトから作り出されて、表皮細胞に入り込み肌が受けた紫外線を吸収、炎症や細胞へのダメージを少なくします。

 

肌のターンオーバー

 

肌は紫外線を受ける量が少なければ、メラニン色素はゆるやかに作り出されます。メラニン色素が入り込んだ表皮細胞は肌のターンオーバーで剥がれていき、紫外線を受ける前の肌の白さへと戻っていきます。

 

このターンオーバーの働きが乱れると、メラニン排せつがうまくいかずにシミになる可能性が出てきます。ターンオーバーが乱れる原因には、加齢や生活習慣の乱れなどがあり、これによりシミのできやすい肌になってしまいます。

 

できてしまったシミを消すためには、まずはお肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

スキンケアランキング

口コミで人気のスキンケアランキングはこちら


紫外線によるシミを防ぐためには

 

シミの改善をするために、最も行なっておきたいのが紫外線の予防です。紫外線を浴びることで肌にダメージを受けてしまうと「光老化」が起こります。光老化は、歳を重ねることで生じる老化とは異なり、紫外線による影響で、シミ・しわ・たるみなどが肌に現れる現象のことです。

 

一度できてしまったシミを消すことは大変なので、シミができないように常に紫外線の予防対策を取ることが必要です。どのような対策方法で紫外線をきちんと防ぐことができるのかを紹介していきたいと思います。

 

日焼け止めをしっかり塗る

夏は日焼け止めをしっかりと塗る方は多いと思いますが、秋になってくると日焼け止めを塗らなくなる方も多いかと思います。基本的には、日焼け止めは季節関係なく塗るのがオススメです。

 

日焼け止め

紫外線は夏が1番強いのですが、夏が始まりだす5月から7月に最も強くなり、その後の秋や冬にも紫外線はずっとあります。さらに、雨の日やくもりの日でも紫外線はずっと降り続いているので、シミを防止したいときには、化粧の下地の変わりに日焼け止めを使うといいでしょう。

 

また、できてしまったシミの部分に紫外線を浴びてしまうと、シミがさらに濃くなってしまう可能性があります。色が濃くなってしまったシミを消すのは時間、労力、コストがかかってしまいますので、これ以上シミが濃くなってしまわないよう日焼け止めを塗る事を忘れないように。

 

紫外線が強く、汗をかいて落ちやすい5月から秋にかけては特にこまめに塗るようにしましょう。

 

 

日焼け止めの上にパウダーファンデーションを重ねる

紫外線による日焼けを予防するなら、パウダーファンデーションを重ねづけするとより効果的。パウダーの粉の成分が紫外線散乱剤と似た働きをするため、紫外線防止効果があります。特にUVカットの表示のないファンデーションでもUVカットの効果があるのです。

 

また日焼け止めを毎日塗っていると、どうしても肌への負担がかかってしまうので、1日中屋内にいる時はパウダーファンデーションだけでも十分紫外線予防の効果があるので、状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

 

また、パウダーファンデーションはシミを隠す効果もあるので、シミのある部分には少し厚めに塗っておくとシミを目立たなくし、シミをこれ以上濃くしないための予防にもなります。

 

日焼け止めの正しい選び方

 

日焼け止めにはたくさんの種類があります。SPFってなに?PAって?わからずに使っていると、知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまう可能性が・・・。使用する状況によって日焼け止めの種類を選ぶ事が大切です。日焼け止めの選び方についてご説明します。

 

SPFとは

 

SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。紫外線防御効果の事で、シミやそばかすの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする指標です。数値が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高くなります。

 

※SPF1=20〜25分(肌の色によっても変わる。)
SPFの数値は、日焼け止めの効果の持続時間を表しており、日焼け止めを使用しない状態に比べて20〜25分日焼けを遅らせるという意味。

 

PAとは

 

PAとはプロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略。UV-A防御指数の事で、紫外線A波(UVA)をカットする指標です。「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階に分けられており、+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなります。

 

肌の弱い人にはノンケミカル

 

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あり、紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こすため、肌への刺激になる可能性があり肌トラブルになる事も。紫外線散乱剤は肌の上で反射させるため、参加チタンや金属の細かい粘土質の粉が使われているので肌が乾燥しやすくなりますが、かぶれなどの肌トラブルは起こりずらいです。肌の弱い方は日焼け止めを選ぶ際に、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」の表示があるものを選ぶようにしましょう。

 

日焼け止めは使用シーンに合わせて選びましょう。

 

日焼け止め(SPF・PA)を選ぶ際は、使用する状況に応じて選ぶようにしましょう。

 

・通勤・通学・買い物などの日常生活の場合SPF10+程度で大丈夫です。
・スポーツや部活・レジャーなどはSPF10〜30++あたりが無難。
・海水浴やプールなど炎天下で活動する場合はSPF30〜50+++以上が安心です。

 

SPF・PAの目安について

 

紫外線を防ぐアイテムを使う

肌を紫外線から守りたい時には、1日に日焼け止めをこまめに塗るのがベストですが、塗る時間がない、塗るのを忘れてしまった、ということもあると思います。

 

そんな時、助けてくれるものとして、いつでもすぐに使用できる紫外線予防アイテムを持っておくのがオススメです。

 

顔のシミをだけでなく、他の部位にシミを作りたくない方にはぜひ取り入れてほしい紫外線予防アイテムです。

 

日焼け止めサプリを飲む

 

日焼け止めサプリ

日焼け止めと言えば肌に直接塗るタイプのものが主流でしたが、最近では飲む日焼け止めサプリが話題になっています。紫外線を浴びることで発生する、体をサビつかせる原因の「活性酵素」に対抗する「抗酸化力」を高める成分が配合されています。お肌が弱く日焼け止めクリームを塗りたくない方のシミ対策におすすめです。

 

日焼け止めスプレー

 

日焼け止めスプレー

日焼け止めスプレーは、日焼け止めクリームを塗るよりも面倒くさくなく簡単に使えるのでおススメです。

カバンなどから取り出して、紫外線から守りたい部分にシューっと吹きかけるだけで日焼け止め効果を得ることができるので、簡単にシミ対策ができます。髪の毛のUVケアに使えるタイプもあります。

 

 

日傘

 

日傘

紫外線が強い日に出かけないといけない、そんなときに便利なアイテムで、シミを絶対に作りたくない方なら誰でも持っている日傘です。紫外線を遮断する効果の高いかわいい日傘を選んで、ファッションとして楽しむのもオススメです。折り畳みできるタイプの日傘をいつでもカバンに入れておくと安心です。

 

 

UVカット機能つきの羽織りもの

 

UVカットカーディガン

UVカット機能がある羽織りものはなるべく持ち歩いておきたいものです。肌寒くなってきた時期などに便利で、外出時に羽織るだけで紫外線から肌を守ると同時に、寒さから身を守ることも可能です。紫外線から肌を守るだけではなく、体温調整もできるのでとても役に立つものとなるでしょう。体にもシミを作りたくない方におすすめです。

 

 

UVカットストール

 

UVカットストール

顔に日焼け止めをしっかり塗ったけど、首に塗るのを忘れてしまい首だけ日焼けしてしまった、と言う経験をした方も多いのでは。UVカットストールを使用すればさっと首に巻くだけで、日焼け止めを塗らなくても紫外線から肌を守ることが可能です。コンパクトにたためるので、かさばらないので持ち歩きやすいアイテムです。

 

シミは一度できてしまうと消すのは大変です。できてしまう前にしっかりと予防対策する事が重要。「このくらいの日差しなら大丈夫・・・」という考えはとても危険です。常に紫外線を意識して予防するようにしましょう。

シミ・そばかすの悩み口コミ&体験談

 

シミ・そばかすの悩み口コミ&体験談

 

シミで悩むA子さん

若い頃の日焼けの過ち・・・。

若い頃の日焼けブームにのってしまい、日焼け対策なんて事はまったく考えず肌を焼いてしまいました。まさか自分にシミができるなんて考えもしませんでした。そのツケが今になってきています。年々シミが増えてしまっている状態です。新しいシミを見つけるたびに若い頃の自分を恨んでいます。できてしまったシミを消す事は簡単ではありません。だからこそ予防対策が必要だということを実感しました。今からできる事はなんでもやろうと思っています。スキンケアは必ず美白成分が入っているものを選ぶようにしています。できてしまったシミを消すことはとても大変です。これ以上シミを増やさない努力を怠らないようにしています。

 

シミで悩むB子さん

気づいた時には遅かった。

子育てをしていると、やはり外に出る事が多くなりますが、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまう事があります。帽子をかぶっているから大丈夫かと思ったのですが、それではだめだったようで、ぽつぽつとシミが出はじめてしまいました。最初は小さく気にならない程度のシミだったのに、徐々に大きくり目立つように。慌ててシミ・そばかすに効果のあるといわれているスキンケアを使っていますがそんな簡単には消えません。できてしまったシミを消すことがこんなに大変だとは・・・。もっと早くに対策をしておけばよかったと後悔しています。今では日焼け止めをしっかりと塗り、美白効果のあるスキンケアをかかさず行ってシミ予防しています。シミを消すためにできることは試していきたいと思っています。

 

シミで悩むC子さん

シミ対策の知識が足りなかった。

学生の頃にテニス部に所属していました。屋外でやる事が多いスポーツなので日焼けはそれなりに気にしていたので日焼け止めは塗るようにしていましたが、それでも対策が足りなかったようでそばかすのような小さいシミがたくさんできてしまいました。日焼け止めを塗って安心していましたが日焼け止めの選び方を理解していなかったようです。またそのあとのスキンケアも十分ではなかったようです。シーンに応じた日焼け止め選びと、その後のスキンケア、この2つをきちんとしていればシミに悩むことはなかったのに・・・。と思っています。シミを消すために良いとされている事を色々と試してはいますが、シミを消すまで至っていません。ちょっとお金がかかりますがレーザー治療でシミを消すことができるならやってみたいと思っています。少しでも早くこのシミを消したい…と願う日々です。

顔のシミを消す方法を伝授!トップページはこちら


顔のシミに効果的なスキンケアランキング

顔のシミを消す方法


シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるスキンケアをご紹介しています。